はばたけ!未来のこどもたち!静岡市こどもミュージカル

お知らせ

活動ブログ

OBの輪を!

ブログ20170719①.jpg

静岡市こどもミュージカルが創設されたのが1988年。以後これまで15回の公演が行われ、延べ約800人(推定)のこどもたちが感動の舞台を踏んできました。

 

来年は創設30年という一つの節目を迎えます。静岡市こどもミュージカルをよりPRし、より盛り上げていくために、その良さを一番よく知っている出演者OBの人たちの輪を広げていきたいと考えております。

まずは実行委員らスタッフの知っているOBを橋渡しにして集まる機会をつくろうとお声掛けを始めています。

 

ブログ20170719②.JPG

記念すべき初回公演「二人の迷宮(ラビリンス)」や次の「フロタキコ」に出た方々と。

 

ブログ20170719③.JPG

2000年の「生命の樹」に出演した方々と。

 

ブログ20170719④.JPG

「フロタキコ」に出演した江口さんをご訪問。

 

多くのOBの方々は公演が終わってミュージカルから離れ、一緒にやった仲間とも合わなくなり、勉強・部活・進学・就職・結婚・育児と他の大切なことを経験していくうちにだんだんと縁が遠くなってしまうのだと思います。それでもお会いしたみなさんと話をしていると記憶と心の中に静岡市こどもミュージカルがしっかりと残り続けていることを実感しました。こうしたOBの方々がこれから舞台にチャレンジする次世代の後輩たちを応援してくれればなんとも心強いですね。

 

時代が変わっても過去の先輩方が築いてきた財産はしっかりと受け継がれています。静岡市こどもミュージカルという「共通言語」があれば世代が違おうと初対面だろうと解り合えるものがあると感じます。みんな同じように壁を乗り越え同じように感動を味わってきたんだと。

 

これからも少しずつOBのみなさんの輪を広げていけたらと思っております。この記事を見てなつかしいと思ってくれた方、「私もなにか関われれば」と思っていただいた方、是非お声かけくださいませ!

東京・吉祥寺へ!

次回2018年の公演は東京でご活躍されている大塚幸太さんに演出をしていただくこととなりました。

 

6月11日にレッスンの見学と打ち合わせのため吉祥寺のスタジオへ!

 

ブログ20170611①.JPG

みるみるうちに台詞と演技に魂が吹き込まれていくこどもたちの様子を見ていると、事業が始まるのが待ち遠しく思えてきました。

 

ブログ20170611②.JPG

30年培われてきた財産を受け継ぎながらも、新しい風が加わる次の舞台が楽しみです。

 

募集開始予定は8月です!

転機は「静岡市こどもミュージカル」

6月8日の読売新聞東京版に静岡市出身の女優、酒井美紀さんのインタビュー記事が掲載されました。

その中で、静岡市こどもミュージカルに出演した時のことに触れていらっしゃいました。

 

「転機は5年生の時、旧静岡市の市制100周年記念事業として企画されたミュージカルに出演したことです。

母親が応募し、オーディションに合格しました。セリフは一言もない脇役でしたが、作品を仕上げる喜びと達成感、客席からの拍手に感動して、エンターテインメントの世界に行きたいと強く思いました」

 

芸能界で活躍されている酒井さんが30年近くも前の小さいころに参加したこどもミュージカルのことをこのような公の場で語ってくださるのは何ともうれしいですね。

 

私たちにとって舞台の成功はうれしいですが、その後のこどもたちの活躍はもっとうれしいです。静岡市こどもミュージカルに参加した経験が、どんな道に進もうとその後の自分の人生を切り拓いていく原動力になるような事業をこれからもつくり続けていきたいと思います。応援よろしくお願いします。

 

ブログ20170608①.JPG